ハッピーペコ、3連勝はならず

5月4日の園田競馬でハッピーペコが出走。
12Rの、4歳以上C2クラス対象の特別レース。距離1230mでした。

前回は連勝で3勝目を挙げていたのですが、
JRA1勝クラスと勝負するには、まだ力をつける必要がある、
ということで、兵庫競馬での修行続行となりました。

たしかに、ここまでC1クラスでは勝ち負けできていませんから、
まずC1クラスに再昇級してここでも連対すること、
理想はB3クラスでも連対できることが目標でしょうね。

坂本師「中2週の予定で考えていましたが、この後のポイント修正や負担重量などを検討した結果、中1週で使うことにしました。引き続き好調をキープしていますし、距離短縮で持ち味を活かせればと思います」
(5月3日。ローレルクラブより)

このところ連勝してきているからか、状態良さそうですね。
ハッピーペコも自信をつけてきているのかもしれませんね。
そしてレース当日もいい状態で臨めていたと思います。

馬体重は411kgで1kgのマイナス。
軽量の仔なので減って欲しくはなかったのですが、
中1週でも大きく減ることはありませんでしたし、
何よりパドックを周回する姿には元気さを感じました。
個人的には、気分良さそうな感じで歩いているように映りました。

パドック解説では、
前回は斤量に恵まれたところがあるが、
使われながら毛艶や雰囲気は善くなっている、とのこと。

調教から乗ってくれている大山龍太郎騎手とのコンビ継続。
減量を活かしながらこのところの連勝をエスコートしてくれています。
2番人気に支持されているのもわかります。

とにかく前に行ければ3連勝あっておかしくないと思っていましたが・・・
今回はそこまで上手くは行きませんでしたね。
ですが、ハッピーペコはいいレース内容だったと思います。

5月4日(火)園田12R・C2 4歳以上特別・D1230m・12頭立7枠10番に▲大山龍太郎52.0kgで出走して、タイム1分21秒4(良)で0.2秒差の2着でした。

坂本師「勝った馬が逃げるだろうけど、最後は止まってしまうと予想していたので、逃げ切られるとは案外でした。結果2着ではありましたが、新人騎手らしからぬ指示通りの競馬ができたことは、人馬にとって収穫ある内容だったと思います」
(5月6日。ローレルクラブより)

レース後の、坂本調教師のコメントのとおりかなと思います。
勝ったギャラクシーエクスも逃げたい仔で、
ハッピーペコとのハナ争いになるだろうと思われていました。

ともに外枠。
少し内の枠を引いていたハッピーペコが逃げられるかなと思いましたが、
ギャラクシーエクスのテンが速く、ハッピーペコは2番手になります。
道中はギャラクシーエクスが4馬身くらい離して逃げていました。

逃げられませんでしたが、ハッピーペコは単独2番手。
嫌がる要素もなく、この仔も軽快に走れていたと思います。
ギャラクシーエクスの逃げ方からすれば、どこかで捕まえられると思いましたが、
気持ちよく逃げていたのでしょうね。全く止まりませんでした。

ハッピーペコは終始2番手を守り、1馬身差まで詰めていましたが、
結局最後までギャラクシーエクスを捕らえられませんでした。
まあ、してやられたというところでしょうか。

大山龍太郎騎手は無理にハナを切ろうとしないで、
すぐに2番手で息を入れていたのが終いの脚につながったのでしょうし、
ハッピーペコも逃げられないとレースを投げるようなことはしませんでした。

3連勝はなりませんでしたが、3連続連対にはなりましたし、
こういう内容で走れればまた結果はついてくると思います。
次回がまたの楽しみになるレース内容と結果ではないでしょうか。