ヴァリアントジョイ、昇級初戦はまずまず

3月9日のハッピーペコに続いて、3月10日はヴァリアントジョイが出走。
姫路競馬の12Rで、4歳以上B2,C1クラス対象の特別レース。距離1800mでした。

ヴァリアントジョイはすでにJRA復帰権利を得ていますけど、
JRA1勝クラスでやっていくにはまだまだということで、
引き続き兵庫競馬に残って修業の日々を続けています。

このところ連続で3着。
先行して頑張れていますけど、勝ちきれていません。
とはいっても上位成績をとっていたことで、今回からB2クラスへ。
今まで以上に力を試される舞台に上がってきたと思います。

今までも書いてきていますが、
個人的には兵庫競馬ならB2クラスで勝ち負けできていること。
これがJRA1勝クラスでやっていくには必要な力量と思っています。
果たして、今のヴァリアントジョイの力量のほどは・・・?


(今回は笹田騎手との初コンビでした)

このところ勝ちきれていなかったことだとか、
C1クラスの仔たちとの混合戦なので、
B2クラスのヴァリアントジョイは斤量57kgを背負わされます。
なので、苦戦を強いられるかなと思っていたのですが、
思っていた以上に頑張ってくれていたと思います。

まず位置取りがどうなるかと思って観ていましたけど、
案外あっさり2番手をとって進められましたね。
今回鞍上を務めてくれた笹田騎手、そんなに押していませんでしたし。

逃げたシバノレイワをマークする感じでの2番手。
無理なく番手につけて、折り合いもついていたようです。
途中で手応えが怪しくなってしまうところもなし。
これなら昇級初戦から勝ち負けできるのでは・・・?

と、期待を高めて観ていましたけど、甘くはなかったですね。
同い年で同じクラスのシバノレイワを捕まえられませんでした。
直線では突き放されてしまいましたね。

ヴァリアントジョイもこの仔なりに脚を使ってくれていましたけど、
斤量の恩恵を受けたC1クラスの仔たちにもかわされてしまいました。
今回は5着まででした。

・相手レベルが上がったこと
・斤量の差

今回のレース内容と着順に無関係ではなかったでしょう。
それを考えれば、よく5着に踏ん張って入着できた方かなと。
B2クラスで入着したのは、シバノレイワとこの仔だけでしたし。

田中(範)師「この一戦からポイント修正で、B2クラスに昇級。ジョッキーには事前に『2番手くらいから』と指示を出して、その通りスッと好位置につけて折り合っていたと思いますけど、道中の反応や直線の鈍い脚色などから判断すると、今日は57kgが堪えた感じです。中間の調整の難しさがあるので、園田であればまた結果は違うと思います。開催が戻るまでは辛抱ですね」
(3月10日。ローレルクラブより)

拠点は園田競馬場であるヴァリアントジョイ。
園田競馬場は改修工事中で姫路競馬場での開催が続きます。
なので、なかなか思うように調教ができていませんし、
(調整の難しさと田中調教師が言われているのはこのことでしょう)
毎回輸送も発生するのが現状です。

そんな中で、毎回元気そうに出てきてくれますし、
前で運ぶ自分のレースができて、上位の成績を残してきています。
ヴァリアントジョイも厩舎の皆さんもよく頑張っていると思います。


(7kg減でしたけど、今回も元気そうにパドックを周回していました)

苦しいかもしれませんが、力はつけられていると思っています。
姫路競馬開催でも、B2クラスで勝ち負けできるようになること。
園田競馬開催となったらもっといい内容と結果になる。
それを目指してこれからも頑張って欲しいですね。
そうなれば、JRAでも恥ずかしくないレースができるはずですから。