2021年3月卒業生レース結果

■ローレルジェイド

[3月9日]
姫路競馬7R 4歳以上C2クラス1組 1400m 506kg(+5) 6着 (川原騎手)

「兵庫四天王」の一人、川原騎手を迎えて臨みました。
降級して、1枠1番と最内枠を引いていたこともあってか、
強く押さずとも前で運ぶことができていました。
4番手あたりで、ずっと最内を通り、ロスなく運べていましたから、
いい位置でしっかり脚を溜められていたと思うのですが・・・
直線で追い出されると大して脚を使ってくれませんでしたね。
大事なところで気性の問題が出てしまい、勝ち負けに加われませんでした。

[3月30日]
姫路競馬9R 4歳以上C2クラス1組 1400m 494kg(-12) 9着 (川原騎手)

再び川原騎手に乗ってもらったのですが・・・
前回同様、勝負どころで力を出してくれませんでしたね。

先行策で、出だし強く押して出鞭も入っていました。
4,5番手あたりで道中を進めていたまでは良かったですが、
追い出されてからは全く反応していない様子・・・
川原騎手でもここまで動かないとは・・・

■アモーレジョディー

[2月2日]
高知競馬4R 4歳以上C3クラス2組 1400m 452kg(-1) 4着 (塚本騎手)

出だしから押して押して先行させに行きます。
1枠1番と最内枠を引いていたこともあって逃げの形に。
気分良く逃げられていたのかもしれませんけど、
ちょっと道中、自分でペースを速くしてしまったかもしれません。
2番手の仔に4馬身差くらいつけていましたし。

それでも直線の途中まで単独先頭で、逃げ切れそうでしたが、
最後の最後で止まり気味になってしまいましたね。
追い込み勢に捕まってしまいました。

[3月28日]
高知競馬2R 4歳以上C3クラス2組 1400m 458kg(+6) 4着 (塚本騎手)

水の浮く不良馬場。こういうときは前に行った方が有利と言われます。
以前から先行策を採っていますが、今回ならなおさらだったでしょうね。
塚本騎手強く押して先行を促し4番手で進めていきます。

このレース、行った行ったの展開となりました。
なので先行策は正解だったのですが、馬場が合わなかったですかね。
アモーレジョディーは終始頑張ってくれていたと思いますが、
思うように前につけられず、終いも苦労しているような感じでした。
結局4番手に始まって終わるということに。
(ちなみに4着までは最初の位置取りがそのまま着順に繋がっています)

■ライトニングレイ

こちらを御覧ください。