ヴァリアントジョイ、現クラスで1つ勝ちたいね

修行中のヴァリアントジョイが出走しました。
2月25日の姫路競馬12Rで、4歳以上C1クラス1組対象の特別レース。
前回に引き続き1500mを走っています。

その前回は3着。Bクラスからの降級馬に力負けしていた印象。
JRA復帰後、1勝クラスで勝ち負けするには、
兵庫競馬ならB2クラスで上位争いできているのがベスト。
個人的にはそう思っているので、もう少し力をつけて欲しいですね。

2月23日(火)~25日(木)姫路競馬・C1に出走を予定しています。

田中(範)師「前走時の輸送や競馬の反動が残って、抜けるまでいつもより時間を要しました。できるだけ体調を整えて勝ち負けできる状態まで仕上げたいですし、吉村騎手の助言もあって、次走は中2週を予定して慌てず余裕を持って調整しようと思っています」
(2月12日。ローレルクラブより)

————————————————–

2月25日(木)姫路競馬・C1に吉村智洋で出走を予定しています。

田中(範)師「無理せず間隔を取って馬体調整を行ったことで、状態良く回復しました。吉村騎手が好感触を得てくれているようですし、姫路3戦目で慣れも見込んで好勝負が期待できると思います」
(2月22日。ローレルクラブより)

主戦の吉村騎手、この仔のことをよく考えて頂いていて、
その上で助言もしてくれていてありがたい限りですね。
今回も元気そうで、馬体重も4kgプラスで出てこられました。

できはずっと安定しているし、吉村騎手とのコンビでは崩れず、
1戦前と同じかそれ以上の走りをずっとしてきている。
今回も前回以上の走りができるのではないか。
前回は強いメンバーがいたが、今回はそこまででじはない。
スムーズに運べて、力を出してくれるなら期待できそうだ。
ということで、パドック解説の方は1番手推奨に。

私も前回以上の結果を期待できる状態だと思いましたし、
吉村騎手は1R前の重賞「兵庫ウインターカップ」を制しています。

これで勢いもついていたでしょうし、今回はすんなり逃げられました。
途中まで勝てるかと思いましたが、なかなか上手くはいかないものですね。

出だし強く押して出鞭も一つ。これでハナを切ります。
ハナを切るまでは本当にすぐでしたから、
これで力を使い過ぎていたということはなかったはず。

ただ、楽には逃げられていませんでしたね。
1番人気だったレッドアマポーラにピッタリつかれていました。
そして3コーナー前で並びかけられ、少し前に出られます。

マークされていた2番手の仔にこうやられてしまうと、
ヴァリアントジョイ、厳しくなっていて垂れるかなと思いましたが、
ゴールまでよく頑張ってくれていました。
レッドアマポーラに食い下がっていき、直線では一瞬差し返すところも。

いい勝負根性を見せてくれていたのですが、
残念ながらレッドアマポーラには競り落とされてしまいましたし、
この2頭が競り合っているところを目標にされてしまったようです。
最速の上がりを使ってきtウインエスキースにまとめて差されてしまい、
ヴァリアントジョイ、前回に続いての3着という結果に終わりました。

逃げたときの宿命ですけど、楽させてもらえませんでしたね。
あと、先着された2頭はともに牝馬。2kgの斤量の差もあったでしょう。
そこを乗り越えて欲しいのが今後の課題かなと思いますが、
4着の仔には3馬身差つけていますし、最後まで食い下がりました。
ここは評価すべきところだと思います。

田中(範)師「砂の深い内枠に入って、ポジションを悪くしたくないから、騎手がスタートから出して行きましたね。勝った馬の騎手に上手くやられましたけど、気持ちが乗ってテンに行ってもバッタリと止まりませんでしたし、最後まで渋太く粘っています。その点では少しずつ力を付けていると言えますね」
(2月25日。ローレルクラブより)

急激に強くなっているわけではないでしょうが、
徐々に力をつけてきていると私も思います。
なので、まずC1クラス最上位組で1つ勝ちたいですね。
それができたら、B2クラスで勝ち負けできる力をつけること。
確実に階段を登っていって欲しいと思います。