アイムワンがホッカイドウ競馬で初入着

8月25日にアイムワンが出走しています。
門別競馬11Rの「一般社団法人JBC協会協賛 ドゥラメンテ・プレミアム」
A3クラス2組からB3クラス1組対象で、距離1800mでした。

前回は「ロードカナロア・プレミアム」でしたね。
今回は「ドゥラメンテ・プレミアム」と。
勝ち馬の生産者にはタイトル名にある種牡馬の種付け権がもらえるそう。
今のアイムワンは松浦牧場長さんオーナーになっていますから、
もしかして種付け権を目指してこの類のレースに挑んでいるとか・・・?

アイムワンは前回7着。距離延長も実らず。
まだ門別競馬場に慣れていない面もあると思いますけど、
A3クラスに格付けされてしまったことで、
高いメンバーレベルに苦しんでいるところもある気がしています。

そのクラスは変わらず、今回も中距離で、中1週で臨みます。
馬体重は変わらずの482kgで仕上がりは維持していたようでした。
乗ってくれるのも仲原騎手でこれも前回と同じ。
ほとんど前回と同条件で前進が見られるでしょうか・・・?


控えて、できるだけ脚を溜めていたようでしたね。
出だしから仲原騎手は手が動いておらず馬なりで。
まずは後ろから4,5番手に構えて進めていきます。

今回手応えは良かったようで、仲原騎手は3コーナーまで持ったまま。
そこから手が動き始めると、先行勢との差を詰めていってくれます。
レース前半は先行勢が飛ばし気味だったこともあり、追い込みに向く展開。
アイムワンの手応えからして、これは勝ち負けに加われそうな雰囲気。

ですが、やはりメンバーレベルが高いのでしょうね。
ラストスパートで力の違いを見せられてしまったようです。
3着までに入った仔たちには完全に決め脚負け。
最後の直線で置いていかれてしまい、勝ち負けに加われず・・・

それは残念でしたが、アイムワンも最後まで頑張ってくれていました。
差をつけられてしまいましたが、5着に入って入着を果たしています。

現状、勝ち負けは厳しいかなと思いますけど、
アイムワンは頑張ってくれているようですから、
使って慣れていって、可能なら力をつけていきながら、
少しでも上の着順を目指すという感じでしょうか。
今回の入着は無意味ではないと思います。