通常に戻るために、理解と協力を!

依然として世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。
4月7日には政府から7都府県に緊急事態宣言が出されました。
それを受けて、4月8日にはJRAが競馬開催について協議がなされて、

・無観客で競馬は開催する
・競走馬は他ブロックへの出走不可
 (4月18日から5月3日まで。ただし、平地オープンと障害レースを除く)
・土曜から日曜の間、騎手が異なる競馬場へ移動しての騎乗は不可
 (ただし、両日とも障害レースに騎乗する騎手を除く)
・騎手の競馬場への移動は、「認定調整ルーム」としてJRAが認定する場所(騎手自宅やホテル等)を加える
 (4月10日から5月3日まで)

こういった対策を発表して実施に移そうとしています。

そして、緊急事態宣言が出された東京に事務所を持つローレルクラブも、
多くの営業の停止または縮小ということになったようです。

【緊急事態宣言発令中の弊社の対応について】

政府が改正新型インフルエンザ特措法に基づく緊急事態宣言を発令し、東京都より緊急事態措置の要請がありましたので、弊社の対応について下記の通りお知らせいたします。

電話応対、メールニュースおよびテレホンサービスの配信について、一旦停止とさせていただき、お問い合わせやご連絡が必要な場合は、公式サイト*会員様ページ内お問い合わせフォーム(www.laurelclub.com/members/contact/)のご利用をお願いいたします。

お問い合わせに対する返信のほか、郵送物等の発送、確認、お支払い等金銭に関する照会や処理には、通常よりも対応にお時間を頂戴する可能性があるため、不要不急のお問い合わせはお控えくださいますようお願いいたます。

公式サイトの情報更新、その他の業務は、在宅勤務や時差・時短出勤等の感染拡大防止策を講じたうえ可能な限り対応し、停止させていただきました業務につきましては、緊急事態宣言が解除され次第、順次再開を予定しています。なお、情勢の変化に伴い、対応内容を変更する場合があることをご了承ください。

会員の皆様には大変ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、なにとぞご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
(4月8日。ローレルクラブより)

————————————————–

メールニュースおよびテレホンサービスの配信は、在宅勤務や時差・時短出勤等の感染拡大防止策を講じたうえで可能な限りに行なわせて戴きます。
なお、メールニュースおよびテレホンサービスの配信が不可能な場合でも、公式サイトへの情報更新は極力実施いたします。
(4月9日。ローレルクラブより。変更点の発表)

妥当ですし、こういう判断になったのもやむを得ないでしょう。
個人的には一切の業務停止になってもおかしくはなく、
これまで、よくほぼ通常通りに営業継続をされていたと思います。

ローレルクラブのスタッフさん、決して多くありません。
私たちがそうであるように、スタッフの皆さんそれぞれに生活・家庭があります。

例えば、学校休校となったことで、就学中のお子さんがいらっしゃる方であれば、
時短勤務またはお休みをとって、お子さんの面倒をみなければならないでしょう。
そして別のスタッフさんがそういった方の代役を務められていたと思います。
もしかしたら、交代勤務で、全員が揃って業務をできる状態ではなかったのかもしれません。

おそらく緊急事態宣言発令以前から、そんな状況になっていたのではないでしょうか。
いずれにしても、これまでほぼ通常通りに営業を継続していたのですから、
スタッフさん1人あたりの負担は大きくなっていたと推察されます。

幸い、スタッフさんの誰かが新型コロナウイルスに感染してしまった、
という悪い知らせはここまで入ってきていません。
今後もそんな知らせは入ってきて欲しくはないものですし、
誰一人として新型コロナウイルスの犠牲になって欲しくない!

情報の更新が遅い!会報等の郵便物がなかなか来ない!
 →こんな状況でも対応して頂けることに感謝して、気長に待ちましょう!
  SNSなどで自分で情報を探すことも大事ですよ!

出資馬のローテーションやレース内容に納得行かない!
クラブの運営に一言物申す!
 →言う対象として適切でしょうか?今、この状況で必要でしょうか?

5月6日(緊急事態宣言発令解除予定日)を過ぎたら全て通常通りなんだよな?
 →予定は未定。そもそもその日にウイルスが収束している保証はどこにもありません。

不要不急のお問い合わせは控えて欲しい、とクラブ側もお願いしていますが、
理解し協力していきたいものですね。いったん自分のエゴは押さえて、冷静になって。

個人的には、ウイルスの収束までには相当な時間がかかると思っています。
収束するまでの間、楽しみだったことがことごとくなくなってしまったり、
お気に入りのお店が閉店してしまうということはそうですし、
そもそも自分の生活が脅かされるかもしれない・・・という覚悟もしています。

色々不平不満を言いたくなるのもわかるのですが、
現在置かれた状況で、自分は何をすべきで、何ができるのか。
それをよく考えて行動していきたいと思っています。
小さなことかもしれませんけど、こういったことの積み重ねが、
通常の日々に戻すための近道になっていくのだろうと考えています。