ローレルクラブに追加募集馬が!

ローレルクラブに追加募集馬が発表。すべて2018年産ですね。

渋いところついてきたなあっていうのが感想ですね。

■ピアノコンクールの2018

父オールステイの牡馬です。

オールステイは血統馬。
国内G1馬のトーセンラー、スピルバーグであったり、
アメリカGI馬のFlower Alleyの甥にあたります。

Cape Crossの産駒でアメリカ生まれ。
輸入されて浦河で育成され、矢作芳人厩舎からデビュー。
きさらぎ賞5着に入るなど期待は大きかったのですが、
3-4歳の間と4-5歳の間にそれぞれ1年ほど休養するなど、
脚部不安に悩まされて生涯成績は18戦3勝でした。
(当時の1000万条件まで)

競走馬引退後は浦河のヒダカファームで種牡馬入り。
2017年から種付け開始しており、
2018年産2頭、2019年産2頭が誕生しています。
募集されているこの仔はファーストクロップになります。

母ピアノコンクールは25戦0勝。
ダートを主戦場とし、未勝利戦では最高2着があります。
勝ち上がる力はあったのでしょうが、残念ながら勝ち上がれず。
その後南関東競馬へ移籍するも、10ヶ月ほどで引退。
現在はこの仔含めて3頭の子供を産んでいます。
初子はカフジリブラ(父キズナ)はJRA3戦して未勝利。
3月25日付けでJRAの登録を抹消。地方競馬へ移籍予定だそうです。

ピアノコンクールもヒダカファームの出身。
おそらくその縁でこの仔が生まれてきたのでしょうね。
生産者は津島優治さんという方のようです。

この仔は2019年のセプテンバーセールに上場予定も欠場。
その後、何らかの縁あってローレルクラブ所属となったのでしょう。

母系に目立った活躍馬はまだ出ていない状況。
父親も活躍馬とは言い難く、まだ種牡馬としては未知数です。
そんな中で募集されたということは、何か良さがあるのでしょう。

これは現時点での評価をうかがってみたいところですし、
カタログでの姿や実際の姿を見てみたいところですね。

オールステイは現役時代逃げ・先行のスタイルであり、
その父Cape Crossはダービー馬ロジユニヴァースの母父でもあるので、
産駒もパワータイプで道悪の方が相性がいいのかな?と。


■スモーキークォーツの2018

父カレンブラックヒルの牝馬です。
クラブOGグレーミーティア(父ロードアルティマ)の妹ですね。
ローレルクラブ所属馬がよく育成先としてお世話になっている、
チェスナットファームさんで生まれています。

スモーキークォーツはここまで5頭の子供を産んでいますが、
今のところ体質が弱い仔が出てしまう傾向があるようですね。

デビューまでに時間がかかってしまうか、
デビュー後数戦で引退になってしまうか。

このどちらかという感じで。

グレーミーティアは前者でしたね。
(新馬戦に間に合わず。わずか2戦で引退)
きょうだいで一番活躍しているレターオンザサンドは、
2019年のプリンシパルステークスを最後に長期休養中。

この仔はお父さんがカレンブラックヒルに変わりました。
きょうだいの悪い傾向を払しょくできているのでしょうか?
この時期に追加募集となったのですから、デビューは近いとか??

父カレンブラックヒルは言わずと知れた、NHKマイルカップ勝ち馬。
クラブの活躍馬、ローレルブレットと同期でしたね。

#ローレルブレット、NHKマイルカップ。
 出資されていた方なら、苦い思い出があるのでは・・・

現役引退後は優駿スタリオンステーションで種牡馬入り。
2017年産がファーストクロップですね。
オヌシナニモノが新馬勝ちして、その後3戦してすべて入着して活躍中。
ここまで産駒で最も賞金を獲得しているのがメルテッドハニー。
この仔は村田牧場さん生産で、今後が期待される1頭ですね。

優駿スタリオンステーションで繋養されているので、
そのうち産駒が募集されないかなと思っていましたけど、
この仔が第1号ということになりましたか。

カレンブラックヒル産駒は芝でもダートでも勝ち馬が出ています。
出走頭数の関係で、ダートの短距離で一番勝ち馬が出ていますが、
まだこれといった傾向は見えていないように思います。

母系の体質の弱さを受け継がず、父に似た適性と能力を受け継いでいれば、
相当期待大と言えるのでしょうが・・・実際のところはいかに。
やっぱり、一度見て、評価も聞いてみたいところですね。

4月10日からカタログが発送されるそうですので、
まず到着したらその内容を確認してみたいところです。

これで2018年産も10頭となりましたか。
2017年産に続いて大所帯となりましたね。
永く楽しめる仔、1頭でも多く出てきて欲しいものです。