スタートで失敗のハッピーペコは2アウト・・・

ハッピーペコが出走しました。
3月15日の阪神競馬2Rの、3歳未勝利戦。ダート1200mを走りました。

前回に引き続きダートの番組に出てきました。
その前回が初ダートで、変わらず先行力を見せてくれたのですが、
終いの脚がパンチ不足で10着に敗れていました。

最後の直線の途中で止まっていたような感じで、
乗ってくれた和田騎手によれば、距離を詰めた方がいいと。
その進言を受けて、今回1Fの距離短縮して臨みます。

奥村(豊)師「どこか特定の場所に問題が出たわけではありませんが、全体的に疲労が取り切れていませんので、馬場入りは今週金曜日以降にしようと思っています。阪神・中京と関西地区の2場が開催中にもう1回使っておきたい思いがありますので、一応このままトレセンに在厩させて調整するつもりです」
(3月4日。ローレルクラブより)

————————————————–

3月15日(日)阪神2R(発走10:30)3歳未勝利・D1200m・16頭立に和田竜二54.0kgで出走します。

助手・3月11日(水)栗P良・6F84.7-68.0-52.9-39.1-12.3(7分所・馬なり余力)
ブレットゥ(新馬)馬なりの外0.5秒先行同入

奥村(豊)師「疲れが抜けて競馬へ向けて体調は整いましたので、今週使う方向で準備をしました。和田騎手が阪神で乗れるのは日曜日だけですし、土曜日の牝馬限定戦の権利持ち上位馬はなかなか手強そうに思いましたので、こちらへ投票しました」
(3月12日。ローレルクラブより)

前回のレース後に疲れが出ていたそうですが、
少し馬場入りを遅らせることで疲れは取れてくれたようですね。
小柄な仔でもあり、体力がまだまだなのでしょうけど、
続けて使える状態にあるのは良かったと思います。


うーん・・・また体重減らしていましたね。
今回は6kg減の412kgになっていました。
これでデビューからずっと体重は減少が続いています。

見た目はがれた感じはなく、元気がないわけでもなさそうですし、
変にテンションも上がっていなかったようですから、
心身ともに力を出せる状態にはあったのでしょうけど、
やっぱり小柄な仔ですから、体が減っているのは心配ですね。

グリーンチャンネルのパドック解説では、
小柄な仔がまた体重を減らしているのだが、細くはない。
小柄ではあるが、まだ大丈夫、という体つき。
推奨はされませんでしたが、評価は悪くはなかったですね。

都合に合わせた面もありますが、和田騎手とのコンビ継続。
距離短縮を進言してくれた騎手とまたレースに臨めますから、
少しでも前進が見られるといいですね。

うーん・・・スタート失敗しちゃいましたね。
ゲートを出るときに躓いてしまったか、前につんのめっていました。
これでスタートを決められず、後ろから4番手あたりになってしまいます。
先行力があり、前で進めてこその仔がこうなると厳しいですね・・・
まして、ダートかつ短距離のレースでしたからなおさらに。

和田騎手もこうなったことは痛かったと思いますけど、
無理にリカバリーしようと押したりはしていませんでした。
遅れ過ぎないように促しつつ道中を進ませていたようです。
これでできるだけ脚を溜めて、どこまで追い込めるか。
それを試しに乗っていたのかなと思います。

ハッピーペコ、脚は溜められていたと思います。
最後の直線ではこの仔なりに伸びてきていたようですが、、
小柄な分非力なんですかね、勝負できるほどの末脚ではありませんでした。
残念ながら、後ろから3番手の14着でゴール。
最初の位置とほとんど変わらないままで終わってしまいました。

3月15日(日)阪神2R・3歳未勝利・D1200m・16頭立2枠3番に和田竜二54.0kg・馬体重412kg(-6)で出走して、タイム1分15秒4で1.9秒差の14着でした。

奥村(豊)師「ダートスタートが初めてだったこともあったのか、ゲートが開いて躓いてしまった。先行してこそ持ち味が活きるタイプの馬だから、後手を踏んでしまったのが痛かったと、和田騎手は言っていました。馬体を減らしてしまいましたし、これで2アウト。前進していくためにはどうしたら良いのか、上がりの馬の状態も確認してから決めたいと思います」
(3月16日。ローレルクラブより)

やはり、スタートで失敗したのが痛かったようですね。
それでも、溜めて追い込める脚を持っているのであれば、
どうにか挽回もできるのでしょうけど、そうでもないようでした。

小柄だけでなく、おそらくまだ体も緩いのだと思います。
体が緩めに出やすいと言われるスクリーンヒーロー産駒でもありますし。
それゆえに非力で、勝負どころでいい脚が使えていないのかなと。

この仔はハクツ牧場の先輩、ブルーコーラルに似た感じがします。
頑張って走ろうとする、前に行ける、という長所を持ちますが、
体が気持ちになかなかついてきていないというところが。

少しでも体ができてパワーアップしてくれると、どうにかなりそうですが、
おそらくこの仔は晩成だと思いますし、果たして夏までに間に合うかどうか。