ローレルクラブ募集馬視察ツアー2019(概要編)

2019年10月31日

2019年。今年もローレルクラブの募集馬視察ツアーに行って参りました!
1泊2日で北海道は日高地方にいる、募集馬+αを視察して周るというものです。

本記事では今回のツアーの概要と感想などなどを・・・

■好天に恵まれました

ここ数年は2日のうち1日を雨に祟られることが多くて、
(昨年2018年は台風接近で、私含め帰れない方々も多かったです)
馬の視察場所が限られたり、駆け足で終わってしまったりすることがありましたが、
今回については2日とも晴れてくれて本当に良かったです。


(行きの飛行機からは富士山を拝めました)

■行程

ざっくり書くと今回はこんな感じです。
(具体的に周った牧場さんや施設等は後述を参照ください)

[1日目]
新千歳空港→日高市界隈の生産または育成牧場→新冠の生産牧場→静内のホテルローレル

[2日目]
浦河の育成牧場、スタリオンステーション→静内の育成牧場→新冠の生産牧場→日高市界隈の生産牧場→新千歳空港

基本的にハードで慌ただしくなるのがこのツアーの醍醐味なのですが、
今回は昨年より慌ただしさが上がっていましたね。2日目は朝7時出発でした。

これは浦河の牧場さんでの見学が多めに入ったから。こういうときは朝が早くなります。
永くこのツアーに参加されている方ですとか、
個人で牧場さんめぐりをされている方ならお解りと思いますが、
宿泊先の静内から浦河まで、余裕をもたせて車で1時間半くらいは見ておかねばなりません。
今回は浦河の育成牧場さんで6頭の視察+スタリオンステーションの見学がありましたから、
どうしたってこういうスケジュールになっちゃうんですよね・・・

なお、浦河には宿泊施設が非常に少ないですから、
ここに一番近くてかつ宿泊施設が多い静内を拠点にせざるを得ません。

今回初めてこのツアーに参加された方ですと、
「こんなに余裕がないのか!」と思われたかもしれませんが、
この点についてはご理解を頂けると、クラブスタッフさんも助かると思います(笑)

■視察した馬たち

今回は多かったですね。
募集中の当歳・1歳だけでなく、デビュー前の2歳馬、現役馬も例年より多くて計26頭。
参加された方次第ですが、イーストスタッドでの種牡馬見学でより多くの馬を観ていれば、
さらに多くの頭数の馬たちに会えたということとなりました。
(反面、スケジュールがかなり厳しくなったとは思います)

※現在工事中ですが、順次各馬の詳細ページへのリンクをつけていきます。

[1日目]

ケイアイメルヘンの2019(リコーファームさん)
ハーランズルビーの2018(ファンタストクラブさん)
ダンケシェーン(ファンタストクラブさん)
ソイル(加藤ステーブルさん)
ファインスカイの2018(坂東牧場さん)
ジョディーズロマンの2018(日高育成公社内パッショーネさん)
ウェルビーイング(日高育成公社さん)
ローレルジェイド(日高育成公社さん)
シャンスイの2019(新冠橋本牧場さん)
アラフネの2019(アラキファームさん)
ランデブーの2019(松浦牧場さん)
キャタラクトの2018(松浦牧場さん)

[2日目]

ミンナノヒーロー(シュウジデイファームさん)
プリンセスララア(チームプレアデスさん)
フェニーチェの2018(吉澤ステーブルさん)
エッグベネディクト(森本スティーブルさん)
ダーティダンシングの2018(グランデファームさん)
ヴァクストゥーム(グランデファームさん)
イーストスタッドさん
ライトニングレイ(小国スティーブルさん)
ダンシングハートの2019(村田牧場大富分場さん)
ダンシングロイヤルの2019(村上欽哉牧場駒沢分場さん)
ウーマンインレッドの2019(対馬正牧場さん)
ミンナノアイドルの2018(佐藤牧場さん)
ストリートキャットの2019(タバタファームさん)
ムーンエクスプレスの2019(坂牧場分場さん)

■食

せっかく北海道に来たのだから!ということで、
例年このツアーではこの場所ならではの食も楽しめるようになっています。

天ぷら山菜そば&たこめし(いずみ食堂さん)

1日目昼食でした。
日高地方での名店で、このあたりのホースマンの御用達でもあるお店。
毎年じゃないですが、このツアーでもよく立ち寄るお店です。

今までは豚肉きのこそばが多かったのですが、今回は天ぷら山菜そばに。
天ぷらは海老天2本と豪華なものでした。
このあたりで出るそばは、太短く少し縮れているのが特徴。いわゆる「田舎そば」な感じ。

たこめし含めて文句なしの美味しさなんですが・・・
毎回このツアーでは出る量に対して、時間が短すぎるのが厳しいなと。
会員さんとの会話に時間を割いていると、せっかくの美味しいランチを食べきれませんし、
そばもたこめしも完食すると、実はなかなかお腹にたまるので、夕食はあまり入りません(苦笑)

ラム肉ジンギスカン(シルバーフォレストレストロッジさん)

2日目昼食はもうここで決まりって感じになっていますね。
ラム肉、もやし、玉ねぎ、ピーマンが用意されていてそれを自分で焼いて食べます。
あと、御飯と味噌汁もついてきて、御飯はお代わり自由です。
ラム肉はくさみがなくてそんなに脂っぽくもないので美味しく健康的にいただけます(笑)

ただ、ここでも時間がないことが多かったり、所属馬の出走をここで観るケースも多いので、
(今回はハイチーズの出走観戦がありました)
なんだかんだで駆け足の食事になってしまいますが・・・

ちなみにここは松浦牧場さんとは目鼻先にあるところなので、
だいたい松浦牧場さんでの見学→ここでランチというのが定番だったのですが、
今回は1日目の最後に松浦牧場さんでの見学が組まれていたので、
久々にこの定番が崩れた格好となりましたね。

ホテルローレルさんでの夕食

1日目の夕食です。後述の懇親会でいただきました。
毎年少しずつメニューを変えながら、和洋中いろいろな料理を出してくれます。
ポイントは、最初の方に出るお造りの内容と、最後の方に出るお寿司のネタ。
今年はエンガワのお刺身があって、それを楽しませて頂きました。

実は、同じテーブルにいらっしゃった、ハクツ牧場さんに教えていただいて、
エンガワのお刺身の存在を知ったまでですけどね・・・ A^_^;)

ピーマンソフトクリーム(新冠道の駅)

これは任意で、1日目の休憩場所として立ち寄ったところで個人的にいただいたもの。
個人で牧場さんめぐりをしているときにも食べたことがあるので初めてではないですが、
たまに食べたくなる一品ですね。

店員さんは「ピーマンの味がしますよ!」とおっしゃいますが、
実際はそこまでのピーマン感はありません(苦笑)
あとで少しピーマン風味を感じられる、ふつうに美味しいソフトクリームです。

新冠町はピーマンが名産品ということでこういうソフトクリームもあったよ!
という話のネタにはなるんじゃないでしょうか。ちなみに1つ300円です。

■懇親会・二次会

[懇親会]
1日目の夜はホテルローレルさんで夕食を楽しみつつの懇親会。
会員さん同士での交流を深めることはもちろんながら、
生産牧場さんもいらっしゃるので、色々なお話をうかがえるいい機会になります。

今回は佐藤牧場さん、ハクツ牧場さん(エンガワの件ありがとうございました)と
同じテーブルだったこともあって、いろいろとお話をうかがうことができました。
私はたいてい会話に気を取られてしまうので、あまり食事はできずに終わります(苦笑)
(お昼のいずみ食堂さんがなかなか重かったのもありますけど・・・)

ちなみに懇親会中にハクツ牧場さんからハッピーペコの写真を頂きました!

すでにこの仔は本州に移動。吉澤ステーブルWESTで育成調教が進んでいます。
ここでの育成メニューをクリアできたらデビューとなるはず。
10月のクラブ会報でも特集が組まれていましたが、
こういう現状の写真を頂けると嬉しいですね。ありがとうございました!

[ゲーム]
懇親会といえば、色々な景品が当たるゲーム。今年もこれがありました。

・勝利ゼッケンを賭けたじゃんけん
・各種景品が当たるかもしれない、ビンゴゲーム

今回から変わったのが、いわゆる「逆ビンゴ」のルール。
「逆ビンゴ」は生産牧場さんがビンゴゲームでビンゴとなった場合、
その次にビンゴとなった会員さんに何かしら特別プレゼントをする、というのが定番。
ですが今回は「逆ビンゴ」生産牧場さんが参加会員さんの名前が書かれた紙を引き、
それで見事名前を呼ばれた会員さんが何かしらプレゼントをもらう、
という形になりましたね。

時間短縮になったと思う反面、何かもらえるチャンスが減った気も・・・?

全体的に今年は持っている人は持っている、という結果だった気がします。
複数の景品を当てる会員さんが何人かいらっしゃいましたね。

ちなみに私は「隔年病」が治らず、今年はボウズ。
(なぜか奇数年のときは運が限りなく0に近くなります)
アメージングサン、ベルキューズ、ブルーコーラルと、
3頭の出資馬の勝利ゼッケンは全て1回目のじゃんけんで敗退という快挙を成し遂げ、
ビンゴは1つリーチになるのがやっとのままで終わりました。ということでまた来年!

[二次会]
ホテルローレルさんからほど近い「スナックパンサー」さんで、会費2000円。
これが定番だったのですが、今回は「スナックCiero」さんで会費は2500円に。
(会費は飲み放題の価格みたいです)

「スナックCiero」さんは「スナックパンサー」さんのほぼ真向かいにあります。
お店のキャパシティは「スナックパンサー」さんよりは小さかったですね。
最近は二次会に参加される会員さんが少ないそうで、それでお店が変わったのかな?

クラブスタッフさん、二次会参加者が減っていることを気にされているそうですが、
おそらく余力がないので参加されない会員さんが多いからではないのかなと。

ツアー初日に北海道入りされている会員さんは多いでしょうから、
おそらく朝早く起きて寝不足で、このツアーはなかなかハードスケジュールで、
今回は2日目は朝7時から出発だ!となれば、早く寝たいと思うでしょう。
昨年2018年みたいに、ちょっとでも2日目朝に余裕があるスケジュールだと、
二次会に参加される会員さんも増えると私は思っています。

なお、この二次会だけに顔を出された会員さんがお寿司の差し入れをしてくださり、
運良く私はししゃものお寿司をいただくことができました。ありがとうございました!

■特典

ツアー参加ならではの特典が今回もありました。

オリジナル缶バッジ

これで3年連続での配布となりました。
馬名採用時の景品、マグカップのデザインもされている、すしとれさんデザイン。
これは毎年好評で、帽子なりかばんなりにつける会員さんは多くいらっしゃいました。
私はなんだかもったいないので、いつも袋も開けずに保管しています。
デザインを考えるのは大変でしょうけど、また来年、楽しみにしています!

オリジナルステッカー

これはツアー中にアンケート用紙に記入してスタッフさんに渡すともらえるものです。
昨年2018年は10月の会報と一緒にステッカーが入っていましたけど、
(もちろんアンケートに回答した会員さんのみですが)
今回はツアー中に限った形になったみたいですね。
そしてステッカーのデザインが変わり、種類も増えましたね。

シャンスイの2019の名刺

新冠橋本牧場さんご提供。
実は募集馬があると、ツアーのときにこういった名刺をつくって頂いています。
昨年はジョディーズロマンの2018の名刺を頂いていました。
毎回、こういったプレゼントを頂いて、頭が下がる思いですね。

3頭出資で1頭プレゼント

これは復活した特典ですね。
ツアー参加者だけ、条件を満たせば1頭の出資権利をプレゼントされるというものです。
以前は2頭出資で1頭プレゼントだったと思いますが・・・色々事情があるのでしょう(笑)

なお、プレゼントの対象になっているのが、以下の2頭。

・ウーマンインレッドの2019
・アラフネの2019

ツアー終了から10月15日までの間に3頭出資しないといけませんから、
なかなかこの特典に乗っかるのは難しいかもしれません。
ただ、プレゼント対象になった仔たちって比較的活躍する傾向があるんですよね。
現役なら、ローレルヴィクター、ダンケシェーン、ハイチーズなんかがそうですし。
経済的余力のある方は一考の価値はあると思いますよ!

サラブレージポイント100ポイント

私はなんとなく溜めたまま、使わずにいますが・・・
有効期限がないのがサラブレージポイントのいいところでもあります。

2000円分の出資割引券

これは例年の特典。一番有効活用されている会員さんは多いのでは?
私もこの割引券は必ず使っています。

これら以外にも、入会金無料(ツアー参加を機に入会された方)なんかがありますし、
個人的にはボールペンをつけて頂いたのもちょっとした特典と思っています。
オリジナルのものではないのですが、メモしやすいようにと配慮頂いたことが嬉しいですね。
これだって、少なからずコストのかかることでもあるのですから。


(3年くらい前から、ツアー行程表が別に作成・配布されるようになりました)


(行程表には、各馬についてメモできるように欄が設けられています)


(だからこういうボールペンをさり気なく入れて頂いていたのは嬉しいのです!)

■総括

コンテンツ、特典には毎回工夫をして頂いていて、今回も楽しめました。
時間が限られていましたが、イーストスタッドさんでの自由行動は良かったですし、
今回は募集馬が放牧へ出るシーンを何回か見られたのも良かったです。
(そのあたりについては各馬の詳細ページに記載していきます)

また最近はアンケートを取るようになったのも、
さらに良いツアーを、という、クラブの皆さんの意図が感じられていいですね。
できるだけ詳細に書いて、協力させて頂きたいと思います。

基本的にハードなスケジュールになりがちなツアーですし、慣れてはいますが、
今回については見学対象とした仔たちを増やしすぎかな?という感想ですね。

募集中の仔と同じところにいるので、と休養中の現役馬も見学となったのでしょうけど、
それで全体のスケジュールが厳しくなるようであれば、思い切って省略しても良かったのかなと。
ツアーの最後、かなりバスを飛ばして空港に向かうことになりましたし・・・

あと、故障等で静養している仔は見学対象から外した方がいいのかなとも。
ツアーで初披露となるから、と見学になるのもわかるのですが、
どうしたっていいときでも普段の様子でもないところを馬が見せてしまうので、
出資検討の参考に正直なりませんし、それなら静養させてあげた方が馬のためかなと。

クラブ公式Youtubeチャンネルがありますから、これをもう少し活用されはどうかなと。
現在は募集中の仔たちの歩様動画がほとんだと思いますが、
休養中、故障静養中の仔たちがどんな状況で、どんな生活を送っているのかとか、
動画を通して伝えるというのも一つの手段じゃないかと思います。

あまり馬の視察を詰め込まずに、もう少し余裕をもたせてもらえると、

・食事時間に余裕ができて、美味しい食事をより楽しめる
・会員さん同士や牧場さんとのコミュニケーション時間が増える
・アンケートをじっくり書ける時間が増える
・バスを飛ばさずに済む(より安全運転がしやすい)

こういった効果が生まれてくると思います。

色々書いていますが、やっぱり参加して良かったツアーでしたから、
よほどのことがない限り、来年も参加したいと思っています。
またより良くなったツアーになることを期待しています。